毎日2~3時間だった残業が0に!請求ミスもグッと減りました。
【有限会社 雄峯 様】

HOME居宅介護支援業務>有限会社 雄峯 様

「居宅介護支援・介護保険・障害者福祉業務」をお使いの事業者様

有限会社 雄峯 様【兵庫県西宮市】

ご紹介

訪問介護・居宅介護支援・福祉用具貸与を併設し、包括的なサービスを行っております。
介護保険外の自費サービス「お助け隊」にて様々なお困りごとも解決しております。

有限会社 雄峯
総務 柴田 浩一 様

会社情報

【有限会社 雄峯 様】

事業所名

・ヘルパーステーションこころ
・ケアプランセンターこころ
・福祉用具こころ

提供サービス訪問介護、居宅介護支援、福祉用具貸与・販売、住宅改修
職員数

サービス提供責任者 :  4人
ヘルパー      :  25人
ケアマネジャー   :  5人
その他職種     :  3人

ご利用者様数300名
サービス提供地域西宮市・芦屋市・宝塚市・尼崎市
ホームページhttp://www.ikokoro.co.jp/

介護ソフト導入のきっかけ

『他社ソフトからの切替え』

前身の法人であった平成15年頃より訪問介護のシステムとして使用させて頂いています。
当時居宅介護支援は他社ソフトでしたが、あまりにも重たく非常に効率が悪かったので、平成24年頃に介舟ファミリーヘ切替え、その後はサクサクと入力できるようになりました。
その後、平成28年頃より福祉用具も追加し、保険請求も給与計算もスムーズに行えています。
切替え・追加時も費用の負担が少なかったのが良かったです。

介舟ファミリーを選ばれたポイント

毎月の使用料や導入時の初期費用もかなり安価で大きな負担になることはないです。
バージョンアップも頻繁に行われどんどん使い易く改良されています。
わからない事があれば、サポートへ電話すればすぐに解決できます。

介舟ファミリーを使い始める時のご苦労など

居宅介護支援システムを移行する際に基本情報等のデータは移行して頂きましたので、導入はスムースに行えました。
唯一の苦労は、ケアマネジャーよりどうしてもサービス計画を移行してほしいとの声があったので、一文ずつ手作業でコピー・貼り付けを行いました。

介舟ファミリーを使用しての感想

  • 導入前と導入後で変わった点がございましたら教えてください。
  • 介舟ファミリーで用意された機能を使うことにより、情報の共有が容易になりました。
    居宅介護支援で、導入前の他社システムを使っていた頃は月初にいつも毎日2~3時間の残業が発生し、請求ミスもしばしばありました。
    介舟ファミリーを導入後操作に慣れた頃には残業時間が0になり、請求ミスもグッと減りました。
    また勤務形態一覧表やサービス事業所へ提供票を発信する際も、自動で表紙を作成してくれるので、非常に重宝しています。
  • 使用した感想をお聞かせください。
  • 計画・実績の入力はもちろんのこと、給与計算・保険請求・データ伝送まで一括して行えるところが非常にありがたいです。
    また様々な帳票がEXCELで出力できるので、容易にデータ収集ができ経営に活かせます。
    サポートの方々は、こちらが1言えば10解って頂けるような、知識豊富な方が多数おられて非常に心強いです。
  • 感想や今後に期待する事お聞かせください。
  • 現状で運用面では満足して使わせて頂いております。
    贅沢を言えば、もう少し経理・会計寄りの集計表等があれば嬉しいです。
  • 最後に、点数を付けるとしたら「介舟ファミリー」は何点をいただけますか?
  • 95点。
    特に不便・不満を感じることなくストレスフリーで使用させて頂いております。

    100点満点は理想の最終到達点ということでとっておきます。

事務作業時間が軽減。より良いサービスができるようになりました!
【有限会社 沖縄介護センター様】

HOME居宅介護支援業務>有限会社 沖縄介護センター様

「居宅介護支援業務」をお使いの事業者様

有限会社 沖縄介護センター様 【沖縄県那覇市】

内容

地域に根ざした介護保険関連全般の介護事業。
事業所から半径3km圏内の地域、首里・真和志・安謝・おもろまち地区を厚くカバーするものです。
身体介護・生活支援といった自立の支援と、介護タクシーを使った通院の介助を、ホームヘルパー2級以上の資格を持ったスタッフが行います。

弊社の理念は
利用者様の声に耳を傾け、できることは掘り下げて考え、実行する
こと。
この理念に基づく介護の過程で、利用者様の要望に答えていくうちに生まれたのが、県内外に観光に行かれるお客様の移動介助・付き添い介助・入浴等を行う、トラベルヘルパーといったサービスです。

他にも、県内外の中学・高校生の修学旅行に付き添い、健康管理のサポートをする、ツアーナースの仕事も増えてきています 。
この仕事でも、前述したような挨拶・コミュニケーションはもちろんですが、仕事の性質上、緊急時にはマニュアルに従って適切な判断ができ、時には臨機応変な対処ができる方が必要になってきます。

介護タクシーやツアーナース、観光の際の付き添い介助など、新しいことに取り組んでいる弊社ですが、やはり原点・根本になっていることは「介護」という部分。
「利用者様を尊重し、常に利用者様の立場になって考え、介護にあたる」ということを大切にしています。
これも、当たり前のことがきちんとできて、謙虚に自分を見つめて精進できるスタッフがいてこそ可能なことなんです。

※代表取締役 又吉 剛 様

概要

【有限会社沖縄介護センター 様】

事業所名沖縄介護センター
提供サービス介護保険 :居宅介護支援/訪問介護/通院乗降介助
総合事業 :独立型/定額型
障害者福祉 :居宅介護/重度訪問介護/
同行援護/移動支援/相談支援
職員数サービス提供責任者:5名/ヘルパー:20名/
ケアマネージャー:5名/相談支援専門員:3名/
その他職種:30名
ご利用者様数訪問系:100名 / 居宅系:150名 / 相談支援:150名
サービス提供地域那覇市
ホームページhttps://www.okinawakaigo.co.jp/

【介護ソフト導入のきっかけ】

『ソフト切り替え』

当社は、介護保険訪問介護・通院乗降介助・障がい者居宅・重度訪問介護・同行援護・介護タクシー・保険外サービス等複数のサービスがありそれに対して料金もあり、サービスごとの給与の違いから、なかなか対応できるソフトがなく苦慮していました。

介舟さんを知り、ソフトの変更は勇気のいる事であり、ソフトを起動させるまでは不安と時間もかかります。
悩みましたが、今は変更してよかったと思います。

あらゆる訪問系のサービスに対しても対応が可能であらゆる給与体系にも初期設定をおこなえば対応が可能です。
当初、サービス管理者・担当責任者は以前と比べ仕事の事務時間が減少し、利用者様へのより良いサービスが出来るようになりました。

ソフトの変更は勇気と時間が必要でしたが、使いこなせば、介舟は予想以上に、働き方改革の一環として
「なくてはならないもの」になりました。

【介舟ファミリーを選ばれたポイント】

機能については訪問系の事業所には申し分ないと思います

障害サービス:居宅介護・重度訪問介護・同行援護・移動支援、介護サービス:家事・身体・通院、保険外サービス。
スケジュールが1枚で管理でき、給与も全てを含んでも一括管理ができる。
かつ操作が分かりやすい。
同じ操作の流れで給与計算までできる。

【介舟ファミリーを使い始める時のご苦労など】

データ移行後に、移行データの見直しと移行できなかった情報の入力は大変でしたが、その後は事務作業時間が減りました。

介舟ファミリーを使用しての感想

  • 導入前と導入後で変わった点がございましたら教えてください。
  • 作業時間が減りました。
    請求時期には、かなり残業があったが、残業はほぼなくなりました。
  • 使用した感想をお聞かせください。
  • サポート対応は、専門毎に回答者が分かれている等が望ましいです。
     難しいとは思いますが、今後に期待します。
    介舟ファミリーは、帳票全体がまとまっていて、同じことを何度もしなくても良い。
  • 感想や今後に期待する事お聞かせください。
  • 今まで通りに、常に簡単に誰でも使いやすく、いかなる複雑な体系でも対応できるようなソフトの改良を今後ともお願いします。
    ロジックさん等の提携などで、訪問介護事業所のさらなる事務時間を軽減できるようにしてほしいと思います。
  • 最後に、点数を付けるとしたら「介舟ファミリー for Cloud」は何点をいただけますか?
  • 90点 良いと思いますが、切替直後にサポートが混乱したことは仕方がないと思います。
    サービスの内容を問わずに給与計算までできることが良いです。