介舟ファミリーにおけるLIFE対応について

介舟ファミリーはLIFEのデータ出力に対応します

2021年度(令和3年度)4月1日より、LIFEによるCHASE・VISITの一体的に運用が始まりました。
介舟ファミリーは、以下のLIFE対象加算の様式とインターフェース(CSV出力)に対応予定です。

対応様式/インタフェース一覧

※対応様式とインターフェースは予定となっておりますため、変更となる場合がございます。
※介舟ファミリーは施設系サービスには対応しておりません。(LIFE対応対象外となります。)

介舟ファミリーのLIFE対応スケジュール

上記の対応様式とインターフェースにつきましては、2021年度に順次対応予定です。
各サービス加算の対応スケジュールは以下となっております。

対応スケジュール(予定)

※対応スケジュールは予定となっておりますため、変更となる場合がございます。

介舟ファミリーとLIFEのデータ連携イメージ

LIFEでは、介護ソフトで作成した情報を、LIFE で取り扱う情報(介護サービス利用者の詳細な状態やケアの内容に関する情報等)としてCSV 形式で取り込み、システムに登録することができます。
介舟ファミリーでは、そのCSVファイルを作成することができるようになります。作成したCSV ファイルのデータをLIFE に取り込む流れは、以下の通りです。

介舟ファミリーとLIFEのデータ連携イメージ

LIFEとは

LIFE = Long-term care Information system For Evidence
LIFEとは政府・厚労省が重視する自立支援・重度化防止を目的として、より効果のある介護サービスを実現すべく導入される大規模データベースのことです。
LIFEに蓄積されるのは利用者の状態や各種サービス内容に関する膨大な情報で、収集されたデータはフィードバックへの活用やエビデンスの確立などに役立てられます。
これまでの高齢者の状態やケアのデータ収集システム(CHASE)と、通所・訪問リハビリテーションデータ収集システム(VISIT)を一体運用をするものです。(令和3年度4月から)

LIFEの活用等が要件として含まれている加算一覧

※2021年2月19日厚生労働省事務連絡より

LIFEの活用について

LIFE では、計画書の作成等が要件となっている加算において実施されている PDCA(Plan→Do→Check→Action)サイクルについて、データに基づくさらなる PDCA サイクルを推進し、ケアの質の向上につなげることを目指しています。具体的には、下図のように、全国の介護施設・事業所において作成・記録されている利用者の状態やケアの実績等(計画書等の様式等)のデータを、LIFE で収集・蓄積し、また蓄積したデータに基づくフィードバック情報を計画書等の改善に活かしていただくことで、PDCA サイクルの好循環を実現し、質の高いケアにつなげていくことが期待されています。

PDCAサイクルの推進等イメージ

※社保会-介護給付費分科会第185回資料より引用

LIFEの利用申請と提出頻度について

①LIFEへのデータ提出には専用Webサイトから事前利用申請が必要です。
LIFEをご利用する場合は、LIFE公式サイトから利用申請が必要となりますので事前にご準備をお願いいたします。

②各加算で情報提出頻度が異なります。
加算によっては猶予措置が設けられています。詳細につきましては、令和3年3月16日 厚生労働省老健局老人保健課介護保険最新情報(Vol.938)をご確認ください。

介舟ファミリーの対応画面イメージ

様式作成画面およびCSV出力画面のイメージは以下となっております。

※準備中

トピックス